ボクの365日

オカヤドカリの事など、ブログ主の日常について綴っています。

オカヤドカリ

オカヤドカリに与えるエサの量は?

投稿日:2019年4月30日 更新日:

ポップコーンとニンジンを食べるオカヤドカリ

オカヤドカリを飼い始めた当初はどれくらいの量を食べるかわからないので沢山与えてしまいましたが、今現在与えているエサの量をご紹介します。

これから飼いたい方の目安になれば嬉しいです。上の写真はポップコーンとニンジンをお気に入りの場所に持って行って食べていたオカヤドカリです。 因みに、食費(エサ代)は全然掛からないので助かります(笑)

 

スポンサーリンク

我が家が与えているエサの量は?

オカヤドカリのエサの量

SS~Sサイズのオカヤドカリ12匹(本当にこの数が居るのか不明)飼っている我が家ではこれくらいの量を毎日与えています。

でも、この量でも殆ど食べ残されます。

当初はポップコーン(オカヤドカリ用として市販されている物)3粒ほど+ニンジン、キャベツ等とかなりの量を与えていましたが、今ではポップコーン一粒に何かを加える感じで与えています。例えば、ニンジンやキャベツ、キュウリなど家にあるものをひとかけら程度です。

れでも少し与えすぎかもしれませんが少ない量でひもじい思いをさせるよりはいいかなと思ってこの量にしています。

 

エサは何を与えているの?

我が家ではポップコーンを主食に、 ニンジン、キャベツなど家にある野菜類が中心となっています。

煮干しも時々与えていますが、一匹丸ごと与えても食べ残しが勿体ないので最近ではちぎって何日かに分けて与える様にしました。飼っているオカヤドカリの数や大きさにもよって餌を与える量は異なるのでこの辺は飼ってから調整していくのが良いでしょう。

与えているエサについては別記事にしたので是非読んでみて下さい^^

 

テラコッタ(素焼き)のエサ皿がおすすめ

エサ皿がないとサンゴ砂の上に直置きになり砂が汚れてしまうのでエサ皿を使うのをおすすめします。その際つるつるした表面の皿ではなく爪がひっかかり歩きやすいテラコッタ(素焼き)の小皿が安心です。

スポンサーリンク

我が家でもテラコッタの小皿を利用しています。専用品ではなく小さな鉢植えの受け皿として売っているものを利用しました。100均やホームセンターの園芸コーナーで一番小さいサイズを探し選びました。使う前によく洗い、熱湯消毒してから使ってます。
(エサ皿も毎日洗いますが、その際は洗剤は使いません)

 

エサの食べ残しの回収も忘れずに

高温多湿の環境に置かれたエサは傷みが早いのでエサは毎日新しいものと交換します。オカヤドカリ達はお気に入りのエサを自分の好きなところへ持って行って食べるので、その食べ残しも探してしっかりと回収します。そうしないと臭いやカビが発生したり、不衛生な環境になるので注意しています。

オカヤドカリのエサの食べ残しこんな感じ(矢印の所)で切り株の隠れ家やエサ皿から何処かへ持って行こうとして放置された食べカスがあります。クリックで拡大します。

 

 

 

オカヤドカリのエサの食べ残しを回収

食べ残しの回収用に大きなピンセットみたいなのがあると便利です。私が使っているのは100均の料理用品コーナーにあるバネが入ったプラスチック製の菜箸みたいな物を使っています。もっと使いやすい商品があると思うので100均で探すのも楽しみになっています^^

 

スポンサーリンク

-オカヤドカリ
-

Copyright© ボクの365日 , 2022 All Rights Reserved.